Category Archives: Jacket

HARRIS TWEED JACKET

ANATOMICAのモノ作りには製作期間の期限はなく、

スタイル、素材(柄)、シルエット、縫製の全てにおいて、

何年かかっても納得出来るものとして完成された時に初めてリリースされます。

 

今から遡ること約10年前、試作に試作を重ね、完成したジャケットがあります。

通称”HARRIS TWEED JACKET”と呼ばれるアイテム。

名前を聞いただけで、ピンと来た方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

 

_DSC0122

今年、新たな生地にて入荷しましたので、早速ご覧いただきましょう!

 

_DSC0100

ANATOMICAデザイナー、ピエール・フルニエが「既製ジャケットの最高峰」と称する

1960年代のとある老舗イギリスメーカーのジャケットがベースになっています。

 

_DSC0112

もちろん、同ブランドの中でも時代によって良し悪しがありますので、

その中からピエールの審美眼において「良い」と判断された部分を採用、

試作に試作を重ねてANATOMICAならではの解釈にて完成した1着です。

 

_DSC0119 2

ANATOMICAで使用されているHARRIS TWEEDは、無数のバリエーションが存在する中から厳選されており、どこの誰が作った物なのかを調べる事ができる、製品管理番号が付いているものだけを使用しています。

 

_DSC0114

程よくシェイプの効いたシルエットにセンターベント。やや長めの着丈。

一般的に見られるジャケットよりも太めのラペルやゴージの高さ、

アームホールの太さはクラシックなイギリスらしさを感じますよね。

 

_DSC0110

袖は切羽仕様でありながら”既製服”を元にしている為、開き見せ(アキミセ)に。

既製服の中の最高峰を作るというANATOMICAの理念にもつながる部分です。

(撮影のため、タグ付きでご了承ください…)

 

_DSC0093

BERET : ANATOMICA BASQUE BERET

PANTS : ANATOMICA #618 CALIFORNIAN CORDUROY

KNIT : JOHN SMEDLEY RICHARD

SHOES : ANATOMICA BY ALDEN PLAIN TOE

 

_DSC0153

CAP : LOCK & CO

SHIRT : ANATOMICA × BIG YANK 1920 SHIRT

PANTS : ANATOMICA #618 CALIFORNIAN Ⅱ

KNIT : JOHN SMEDLEY RICHARD

SHOES : ANATOMICA BY ALDEN PLAIN TOE

 

_DSC0166

ジャケパンスタイル可能であれば、お仕事の時にもお使い頂けますし、

敢えてアメリカ物のシャツなんかを合わせて、カジュアルに落とし込んで着るのも格好いい。

上品にJOHN SMEDLEYのタートルニットを合わせたスタイルは

ピエールのお気に入りのスタイルであり、ANATOMICAらしさを感じるのではないでしょうか。

シングルラグランコートを羽織るのも良いですし、

オイルドコットンのアウターを羽織ってハンティングのように渋く着るのもおすすめです。

 

_DSC0115

SIZE : 38 / 40 / 42

COLOR : BROWN CHECK

MATERIAL : HARRIS TWEED

PRICE : ¥80,000-+tax

ANATOMICAの ”木靴に王冠” のシンボルマークは、『農夫の中の王様』を意味し、

決してセレブリティなスタイルでは無いという事を意味します。

誰もが手の届く範囲で最良な物作りをする事が重要、それがANATOMICAのスタイルです。

 

イギリス物のジャケットといえば、テーラーメイドが一級品であるのは確かですが、

ANATOMICAが根本的に掲げる思想として「既製服の中の最高峰」を目指しているのです。

ツイードのジャケットは着ていくに連れて、味わいが増します。

 

_DSC0119

ぜひ、このジャケットと共に、素敵に年齢を重ねてください。

 

ANATOMCA SAPPORO 伏見