Category Archives: Jacket

MONET / FRENCH CORDUROY

 

monet

印象派を代表するフランスの画家 ”クロード・モネ”(Claude Monet)。

モネと言えば誰もが思い浮かぶ名作の数々、そんな彼自信が写るモノクロの写真には必ずと言っていい程、丸襟のワークジャケットを身に着けているのを見る事が出来ます。

今日ご紹介するのは、まさに彼の名前が由来となるモデルです。

 

IMG_0206

SIZE : S/ M / L

COLOR :  BLACK / BROWN
MATERIAL : FRENCH CORDUROY (100%Cotton)

PRICE : ¥83,000-+tax

Made in France

 

このブログでも2年ぶりのご紹介となってしまいましたが、古くからANATOMICAのラインナップに存在するモデルです。

 

IMG_0210 IMG_0213

 

使われる素材は毎年変えず、この素材のみ。

この厚手のフランス製コーデュロイは、その丈夫さから古くからフランスの様々な衣料に重宝されてきました。

 

当時の素材感に極めて近いこの生地は、実際に手にする事で普段目にするコーデュロイとの違いを感じて頂けると思います。

 

_DSC1017

_DSC1020

 

素材に加えて、丸くラウンドした襟や、ポケットなどのディテールはまさにロベールドアノーやアウグストザンダーの写真集に出てくる労働着その物です。

 

僕個人的にはこのデザインのジャケットが一番ヨーロッパのワークウェアを代表するデザインだと思います。

 

着用感に関しては、ジャケットというよりカバーオールの表現が正しく、コンパクトな肩から裾にかけて広がるAライン。

胸と左右にはフラップポケットが配置されており、実用的な面も兼ね備えた作りです。

 

_DSC1442

CAP : ANATOMICA BASQUE BERET

SCARF : DRIVING STYLE / BROWN

PANTS : ANATOMICA TRIM-FIT  / DENIM

 

本来の使い方を考えても少しゆとりのあるサイズを選び、インナーにニットやベスト等を重ね着する事で秋から冬に掛けての気温の変化にも対応出来ます。

 

 

今も尚、フランス国内のワークウェアを製造する工場にて生産しているこのMONETは、デザイン、素材、縫製、どこを取っても生粋のフレンチワークと呼べる1着です。

数あるモデルの中でもまさにANATOMICAらしさが詰まったモデルですので、まだジャケット類に手を出した事が無いという方にもお勧めしたいモデルです。

 

 

ANATOMICA  SAPPORO 岩谷